iPadPro12.9インチを買って良かった話

クリエイターライフ

こんにちは!ノグチノブコです。
画面の向こうのあなたはどのようなデジタル生活をお過ごしでしょうか?今回は「iPad Proを買ってよかった話」です。

私は本業イラストレーターで、2019年11月にiPad Proを購入しました。しかし、それより前はiPadは必要ないと思っていたのです。そんな私がなぜiPadを購入したのか……。
iPad Proを買う前から、ふんぎりをつけて買ったこと、実際に買ってみて何がよかったのか、についてまとめてみました。

iPadは必要ない。と思っていた以前の私

iPad Proを手に入れる前の作画環境は、
・デスクトップPC(Windows)
・アナログ画材
でした。
仕事の中心はデスクトップのパソコンです。アナログ画材というのは、実はほとんど仕事以外の部分。固形絵具や水彩色鉛筆、マーカーなどを使って、グルメ巡りしたときのイラストをアナログで描いてました。(HPトップのイラストコーナーにアナログ時代の名残があります)

普段デジタル作業がメインなのに、なぜかアナログ画材。
それは、
「このストレスこそ、デジタルに慣れきった自分を引き締めてくれるんだ!デジタルに慣れると下手になるんだ!」
と思って、あえてアナログ画材を生活に取り入れました。なぜか私はデジタル=悪という思い込みがあったのです。パソコンで作業している生活の中で、アナログイラストを描くと、ctrl+zが使えない!選択範囲で囲えない!移動ができない!って環境にめちゃくちゃ不便を感じてました。(紙とペンなので当たり前ですが・・・)

とはいえiPad Proを買うきっかけが訪れた

「アナログ画材の不便さは、デジタルに染まりきった私の気持ちを引き締めてくれる」
と思っていたのですが、時々、周りの人にiPadを触らせてもらうと、めちゃくちゃ良いかんじ。アナログタッチも描ける。当然欲しくなる。

しかし、考えてしまいます。

欲しいっちゃ欲しいけど、でも私に使えるのかしら・・・
持て余しそうだし、
活用しているイメージがつかないし、
たしか15万円くらいするし。
そして、ミーハー心で買おうとしてるならば買わないで良いや!と欲しい気持ちは闇に葬られました。

しかし、そんな停滞していた状況に変化が訪れます。
きっかけは、自分が主催している勉強会の、復習用のグラフィックレコーディングをまとめることになったことです。グラフィックレコーディング(通称グラレコ)は「絵の議事録」議事録なので、紙とペンで一気に描くこともできるし、そうしてる人もたくさんいます。

しかし私の場合、紙でグラレコすると、リアルタイムで進むセミナーに適応できませんでした。バランスが悪いまま進行せざるを得なくて、完成図が見づらくなってしまう。そう、きっと私は技術が乏しかったんです。自分の技術力のなさに気がついたのは大きかったです。そしてその時、足りない技術力を練習でカバーするより、得意なデジタルで補おうと思えたのでした。

グラレコするのなら、適切なメモとイラストで表現したいし観覧する人の読みやすさを追求したい。それを実現できるのは修正や拡大縮小が想いのままのiPadしかない。
そして思い切ってiPad Proを購入しました。

iPad Proを買ってよかったこと

自分の至らなさを受け入れ、iPad Proを購入した私。iPad Proからの恩恵はかなりのものでした。

iPadの良さ:デジタル感覚でアナログのような作業ができる!

修正するのも元に戻すのも一瞬でできる。
さすがデジタルは違います。アナログ作業で何度、ctrl+zが使いたかったか・・・!でも、描き心地は限りなくアナログに近いのです。(ペーパーライクフィルムを貼っているので)あと、個人的には選択範囲。選択範囲が使えると本当に便利で、拡大縮小回転などが自由自在。アナログイラストにはあり得なかった概念です。

iPadの良さ:生活のなかにすっと馴染む!

iPadは、デジタル家電を使っている感覚がありません。とにかくシームレス!
パソコンは、電源を入れてからホーム画面までが約10秒(相当速いけど)例えば夜中、ちょっとだけパソコンをつけて確認したいことが出た時、明日でいいなら明日にしちゃいます。起動ボタンを押すだけのことなのに、ほんの少~しストレス。でもiPadは、いつでも起動状態。画面をタッチして顔認証すればもう作業可能。ちょっと気になる箇所もすぐに確認できてしまいます。

iPadの良さ:時にパソコン、時にテレビ、時にメモ帳

当初の目的の、イラスト作画用としてはもちろん、いろんな用途に対応できることがわかりました。パソコンで作業する横に置いて、動画配信サービスの動画を観たり(←集中力の面でお勧めはしませんが…)キーボードを繋げれば完全にパソコンです。この文章も、iPadを立てかけてキーボードで文字入力してます。また、クライアントとの打ち合わせの時のメモ帳としても力を発揮しました。同じ画面を共有できるのも便利です。

iPadの良さ:クリエイター向けiPadアプリがすごい。

iPad専用のアプリの使い勝手と性能がすごいのです。
私が使っているクリエイティブ活動に役に立つアプリでは、

・Adobefresco(アドビフレスコ)
・clipstudio(クリップスタジオ)
・concept(コンセプト)←conceptはandroidにも対応

この3つがすごく良い。三種の神器かと思うくらい。
「Adobe fresco」は、まるで水彩画を描いてるかのような感覚。でも、滲みの水量は数字で調整できるという、デジタルとアナログの良いトコどりのようなアプリ。「clipstudio」は、マンガ制作に特化したお絵描きソフト。イラストもマンガもクリスタがあればだいたい大丈夫です。「concept」はキャンバスの面積が∞に使えるイラストアプリ。(conceptのみandroid版もあります)グラレコをまとめる時にものすごく役に立ちました。
フレスコとクリスタは、クラウドを使えばパソコン⇔iPadで共有できるのも良いところです。

iPadの良さ:かっこいい

かっこいいって要素は、そんなに重要ではないと思ってました。でも、かっこいい大事。使っているととにかく気分が上がります。外で出すのも恥ずかしくない。むしろ出せます。

今、iPad Proを買おうか迷っている人へ

私は当初、iPad Proは必要ないと思っていました。でも今は、欠けていたピースが埋まるかのように、なくてはならない存在です(この記事の文章もイラストもiPad Proで書いてます)おかげでグラレコの見栄えは良くなったし、クリエイターとして出来ることも広がりました。
ここまで便利さを実感できたのは、「必要に迫られる状況がきたから」だと思います。今の自分の力では周りの人の役に立てないと気付いて、iPad Proを使うことで、補うことができました。

高い買い物なので、何かきっかけがないとなかなか購入はしないかと思います。でも、機が熟したら、買う時は買う!のかと思います。その時を見極めて、素敵なiPad Pro生活をお楽しみください!

ちなみにiPadproは12.9インチ256GBです。画面のサイズは一番大きいやつ。この判断は正しかった!そしてapplepencil(第二世代)も。

コメント

タイトルとURLをコピーしました