香羊羊(シャンヤンヤン)の2号店に行ってみた。

松戸巡り

こんにちは!ノグチノブコです。
先日、松戸駅近くにある中華料理屋「香羊羊(シャンヤンヤン)」に2号店が出来たと聞き、行ってみることにしました。

ちなみに前回、香羊羊1号店に行った時のレポートブログはこちら↓

香羊羊2号店は1号店とやたら近い!

香羊羊1号店は松戸駅から松戸市役所に向かう途中にありますが、2号店もその近所。
同じく松戸市役所に向かう途中、松戸東口郵便局の向かいにあります。なんでこんな近所に2号店・・・?
聞くところによると、1号店は大鍋料理(中国の東北地方の郷土料理。4〜5人前の大鍋をつつくスタイル)2号店は個別に食べやすい中華料理を揃えてるみたい。名前は同じだけどやってることは棲み分けされてるんですね。
ちなみにこのあたりのエリアはすっかり中国化してます。

ラムの串焼きは鉄板!サイゼリヤの人気メニューのアレ

けっこうな辛さがあるので万人にオススメはできないけど美味しいよ

そんなわけでこちらは羊の串焼き。1号店にも羊の串焼きはありますが、こちらにもありました。ひと頃話題になったサイゼリヤのメニュー「アロスティチーニ(ラムの串焼き)」と似てます。
これが美味しいんだよね・・・。引き締まった羊の肉とガッツリスパイスが合う!スパイスが強いから羊の臭みも全然わからない。そう、スパイスが強い!辛い!!辛いのダメな人はご注意を。

鴨の血スープは見た目すごいけど美味しい台湾料理

そして、
この日のメインのような逸品。鴨の血スープ!

見た目の迫力がすごい。

鴨の血スープとはなかなか怖い名前のスープです。見た目も色合いもすごい。見るからに栄養満点です。滋養がつきすぎて今夜眠れなくなりそう。

取り分けたのに迫力がおさまらない。

鴨の血スープ、こちらは取り分けた状態。
見た目、マンガとかに出てくる怪しいスープみたい。小さいタコの足のようなものが入ってますが、食べてみたものの何なのかはよくわからず。何かの臓物かな。レバーのような塊が、鴨の血。

調べたところ、こちらの鴨の血、台湾料理だそうです。台湾では「ヤーシュエ(鴨血)」っていうんですって。プルプルしていてゼリーみたい、レバーとは全然違う食感で、クセも臭みもなし。
さらにヤーシュエは栄養まんてん。免疫力アップ・貧血予防・便秘解消などの効果が期待できるとか。こりゃいいね!

全体的に見た目はすごいんですが、美味しいスープでした!花椒が好きな人には好きなかんじかとおもわれます。〆用のラーメンもあります。(麺は松戸・元山にある伝説のラーメン屋「13湯麺」の麺!

なかなか海外旅行に行けない日々が続きますが、台湾に行った気分になりました。

中華料理・香羊羊(シャンヤンヤン)の情報
〒271-0077 千葉県松戸市根本451−1
(松戸東口郵便局の向かい)
営業時間:17時~翌2時?
定休日:不明

蚕の串焼きを食べてみた。

ここからは苦手な方もいるので自主規制のコーナーです。
食用昆虫の画像があるので、苦手な人はここで去ってくださいね!



香羊羊ではいろんな串焼きが楽しめるのですが、串焼きの中でも目を惹いたのが、さなぎの串焼き・・・!なんかのさなぎが串に刺さってます。

そんな怪しげなサナギ串焼きをなぜか注文することになり。
実際に出てきたのは4つではなく3つでした。

なにかのサナギが串焼きにされ、唐辛子まぶされている。

なんのサナギか聞いてみたところ、でした。
虫を食べるというのは普段積極的に行ってませんが、せっかくなのでいただきます。
実際食べてみると意外と普通。乾燥した海老の頭みたいな感じ、嫌なクセはありませんでした。見た目食欲そそりませんが。

このブログの「松戸巡り」のカテゴリ、4件中2件が香羊羊ではありませんか!偏りが生じていることをお許しください。とにかく香羊羊はインパクトがあるんです。。。

コメント

タイトルとURLをコピーしました