新松戸の中華食材店「響音」ご家庭でDEEPな中華を楽しめます

こんにちは、イラストレーターのノグチノブコです。
突然ですが、中華食材への憧れはありませんか。

たとえば醤(ジャン)シリーズ。
普段は意識しないとなかなか見かけないが、中華料理には必要不可欠。豆板醤・豆鼓醤・甜麺醤・XO醤。ペースト状で味の濃い発酵調味料。使いこなせたらかっこいいじゃないですか。

そうした思いで過ごしていたある日、新松戸に中華食材のお店があることを知りました。

新松戸の改札を降りてまっすぐロッテリアのある方向に。左に向かうとすぐに見えるPLAZA NEW MATSUDO。雀荘やスナックといったテナントが入っている、雑居ビルらしい雑居ビル。エレベーターで4階に向かう。

エレベーターを降りて店の入り口に向かった。
入るのに四方を見渡した。
隣は歯医者になっている。左手に中国のフリーペーパーが置いてある。
中華食品・響音。入りにくい、と思った。

自動ドアを開けた。中華食材店というだけあり、店内は用途様々な中華食材がズラリと並んでいる。私は中華食材のファンなのだ。言葉は読めないし、使い道もわからないけどなんか楽しくなってくる。

写真の右手はジュース類。写真に写っていない左手にはもうひとつ通路があり、そちらは冷蔵品。大きなクーラーボックスには塊肉や冷凍食品がぎっしり詰め込まれている。クーラーボックスの奥は袋麺やレトルト食品、調味料など。左手には様々な食材。眺めていると、なんと鴨血があった。鴨血は、松戸のDEEPな中華料理店・香羊羊(シャンヤンヤン)の2号店で食べた珍味だ。まさかこんなところで出会うとは。いや、ここだってDEEPな中華食材店だし珍しいことはない。あの鴨血はここで購入してるのかな。

あわせて読みたい
香羊羊(シャンヤンヤン)の2号店に行ってみた。 松戸駅近くにあるDEEPな中華料理屋「香羊羊(シャンヤンヤン)」2号店が出来たと聞き、行ってみることにしました。 ちなみに前回、香羊羊1号店に行った時のレポートブロ...

品揃えの豊富な店内を巡りながら、これまで食べたことのある美味しかったものを中心に、ちょっと珍しい食材を買うことにした。ちなみに店主、日本語は少しわかるみたい。イレギュラーな質問はしづらいけど支払い面では問題なし。PayPayも使える。

そして購入したのがこちら。

右から

  • 麻辣香鍋(マーラーシャングオ)の素
  • 「青椒牛肉」と書かれた瓶
  • クローブ
  • 豆腐干

麻辣香鍋は、キジカフェの準レギュラーメニューになっている。あのビリビリした味を家でも再現したくなった。
「青椒牛肉」は、何に使うのかわからない。“椒”とは胡椒のことなのか。裏面を見ると日本語で原材料が書いてある。青唐辛子。胡椒も牛肉も青唐辛子も美味しいから、何だかわからないけどきっとこの瓶も美味しいだろう。
クローブは香辛料。私は香辛料収集癖があり、持っていない香辛料をつい集めてしまうのだ。
そして豆腐干。本日の目当て。私は豆腐干が欲しくて来店したようなものだ。

いざ実食。
今の時点でこの2点を開封した。

とにかく辛い。けどこの辛さを求めていた。

中華食材店・響音(きょうおん)の情報
千葉県松戸市新松戸2-114 プラザニュー松戸ビル4F(新松戸駅を出て徒歩2分くらい)
電話番号:047-710-9224
営業時間:11時~21時
定休日:年中無休
https://www.ensen-ado.com/kyouon/

ちなみに、こちらが「青椒牛肉」Amazonでも販売中。363円という値段が絶妙、冒険してもいいっt思わせてくる価格です。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

千葉県流山市在住のイラストレーター。趣味はグルメ巡り。地元流山市やその近郊のグルメ巡りをしています。

コメント

コメントする

目次
閉じる