車なし・夏の沖縄旅行で快適に過ごす服装はコレだった。沖縄ふらふら道中記①

車なし沖縄ふらふら道中記 沖縄巡り

こんにちは!ノグチノブコです。
いつもは千葉県流山市の情報を発信しています。しかし、地元流山と同じくらい愛してやまない場所があります。
それは沖縄県
なんとなく二年に一度、7月半ばに沖縄一人旅を続けて3回目。沖縄自体の旅行はそれ以上。さすがに沖縄について人並み以上に詳しくなりました。
そろそろ沖縄について書いてもいいのではないか?と思えてきたので記事にしたいと思います。

今回は夏の沖縄に何度もひとりで旅行して気が付いた「沖縄の夏に旅行するときの快適な服装」についての記事です。
ちなみに記事の方向性として、
夏の沖縄を、一人で、基本的に車なしで旅行する女性
の目線で書いてます。「春の沖縄」とか「車移動のみ」 って条件だともっと違うと思いますが参考までにどうぞ。

夏の沖縄は、本当~に暑いよ!!

2017年の国際通りの近くの道。

夏の沖縄は本当に暑い。油断した行動をするとすぐ救急車です。写真をご覧ください。人が一人もいません。暑すぎるからです。ウチナンチュの友達は、不要不急の用事がないときは日中は外に出ず、夜に活動すると言ってました。日中、プラプラ外を歩くのは観光客くらいです。

どうしようもない熱中症なりかけの話

数年前、はじめて一人で沖縄に行った時に熱中症で死にかけました。
首里城の裏手の落ち着いたら住宅街で散歩してみました。気がつけば迷子でした。住宅街なのでコンビニなど休憩できる場所もなく。迷子のまま、舗装されてないケモノ道を歩き、辿りついた先は高速道路の入り口付近。人生で初めて遭難しかけました。あの時は日傘と水分さえあれば多少暑くても何とかなると思っていたのです。

知らない土地、迷子になるかもしれない・・・。
その可能性はゼロではない!
できるだけ快適な服装を選んだ方が良いと思いました!

夏の沖縄旅行に持って行って良かった服装

私が思う「夏の沖縄旅行に持って行って良かった服装」をご紹介します。それぞれひとつずつ説明していきます。

帽子は必須!紐がついてるとなお良し。

毎度、沖縄に行くたびに「あると良いだろう」程度で用意している帽子。今回持参した帽子は過去最高に活躍しました。つばが広くて紐がついてる、アウトドアタイプの帽子です。
特に紐がついてたのが良かった。沖縄はけっこう風が強いことがあり、紐がついてないとすぐに飛んでいってしまうのです。

タオルより手拭いが便利!汗拭きから熱中症対策まで。

沖縄に限らず、手拭いはいつでも本当に便利!
まず、乾きやすい特性を活かして熱中症対策になります。冷水で濡らして絞った手拭いは気化熱の作用で冷えっ冷えに。ぬるくなったら広げて風でパタパタ冷やせばすぐに冷たくなります。乾いてきたらまた濡らせばいいし。
また、すぐ乾くので旅行中は手拭い一本あれば大丈夫。お風呂ついでに洗濯して一晩ひっかけておけば、翌朝は乾いてます。荷物も減って一石二鳥!

ゆるい風通しの良い服装で。

とにかく暑いので、熱がこもる服は命取り。
今回の旅ではふわーっとしたワンピースにしました。昭和で言うところの「アッパッパ」。風が抜けて涼しく過ごせます。
ただ、室内に入ると、どこでもエアコンが相当効いてます。外気との差が激しい。寒がりの人は冷え対策も並行されるといいかと思います。

サンダルよりも歩きやすい履きなれた靴が良い!

車移動ばかりならサンダルで問題ないのですが、歩くとなるとけっこう歩く。そりゃそうか。
観光客に人気の国際通りは全長約1.6km、店舗は約600軒あります。(越谷レイクタウンは全長約1km)沖縄=リゾート地だからといってサンダルが適してるわけではない。靴擦れでもしたらその後の移動が悲惨です。ここは抜け感よりも実用性を重視して履きなれた靴で行った方がいいでしょう。

今回の旅で出番が少なかったものたち

UV機能のある長袖パーカーは暑いだけだった。

紫外線対策として、UV機能付きの長袖パーカーを持っていきました。到着後しばらく着ていたのですが、ひたすら暑い。紫外線よりも熱がこもる方がキツい。結局ほとんど使いませんでした。

日傘は、強風の沖縄では勝手が悪いかもしれない・・・

沖縄は、意外といつも強風。
日傘があおられないように、ひっくり返るのを防ぐように気を付けて歩くのはだいぶ疲れます。結局、今回の旅では日傘はほとんど使えず、できるだけ日陰を通り、屋内にいられるようにし、あとは帽子で対応しました。でもウチナンチュは強風の中でも上手にさしてました。日傘を持っていくとしたら強力な骨組みのものがいいです。

ただ、突然の豪雨という問題もあります。折りたたみ傘で間に合わないほどの雨が一気に降ることもあるのですが、晴雨兼用の折りたたみ傘があるといいかと思います。

大きな荷物は預けよう。体力奪われる。

極力、身軽に動きましょう。
初日の空港についた後や、ホテルのチェックアウト後。キャリーケースを持ってウロウロは地味に疲れます。(車があれば大丈夫だけどね)荷物はコインロッカーに預けて自由に!

夏の沖縄・快適な服装まとめイラスト

ということで、夏の沖縄旅行に選んで良かった服装を絵にしました。(本業マンガ家なのでね)

ここまで気付くのに苦節5年(長い)
おかげで今回の旅はとても快適に過ごすことができました。

素敵な沖縄旅行をお楽しみください

夏の沖縄旅行に行くとき、選んでよかった服装や小物のことでした。
夏の沖縄は日差しが輝いてます!コントラストが鮮やかです!とても素敵です!どうぞ楽しんできてください。

ノグチ ノブコ

イラストレーター。主に流山市、時々都内。
趣味はグルメ巡り。喫茶店好き、カフェも好き。
最近はガチャガチャ収集を細々とやってます。
仕事のご依頼は「お問い合わせ」よりどうぞ~。

ノグチ ノブコをフォローする
沖縄巡り
シェアする
ノグチノブコのホームページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました