このサイトの目的

千葉県流山市を中心に、お店情報や
ステキなスポットのイラストコラムを
書いてます。流山市以外にも関東近郊
の情報や私が思うことなども。

――茨城県めぐり。

つくば市の蕎麦屋「みずほの村市場 蕎舎」に行ってきました

2018/02/11

みずほの村市場・蕎舎外観

みずほの村市場・蕎舎外観

本物の日本そばを追及しているこだわりの蕎麦屋

こんにちは、ノグチノブコです。

 

今回は、
茨城県つくば市にある

みずほの村市場 蕎舎(そばしゃ)

に行って来たレポートをお届けします!

 

私の住んでる街は千葉県の流山市で、
蕎舎のあるつくば市までは車だと2時間前後。

※流山市と守谷市の途中、
柏市でえげつない渋滞が起こる可能性が高いので
到着時間は読みづらい。

 

しかし、
最近はつくばエクスプレスが走ったおかげで
30分くらいで行けるので、

近いような遠いような、
そんな場所がつくば市です。

みずほの村市場・蕎舎の外観

みずほの村市場・蕎舎の外観

「蕎舎」は農作物直売所「みずほの村市場」のお隣。

「みずほの村市場 蕎舎(そばしゃ)」は
つくば市のサイエンス大通り沿いにある

「みずほの村市場」

という
農作物直売所の隣にあります。

 

外観の通り、
古民家を改装したお店。

この古民家、
もともとは筑西市にあった農家住宅で

なんと、
つくば市まで移築したそうですよ!

移築って、元の場所からスポッと取り外して
ここまで持ってきたってことでしょうか。

 

「天もりそば」は並々ならぬこだわりが。

みずほの村市場蕎舎天もりそば

みずほの村市場蕎舎天もりそば

 

せっかくの蕎麦屋なので
天もりそばを頼みました。

とにかく徹底したこだわりのそばで、

  • 蕎麦粉は地元でとれた「常陸秋そば」を使用。
  • てんぷらの野菜は隣の直売所で仕入れたもので。
  • 醤油、砂糖、油なども国産材料のみ。
  • 竈(かまど)では国産米の麦飯を焚いている(「麦飯とろろ」用)

並々ならぬこだわりです。

 

ちなみに蕎麦はボリューム少なめ。

「量を食べたい人、追加注文はお早めに」
っていう注意書きが書かれてました。

蕎麦だけでは足りない人に
「麦飯とろろ」を用意しています。

こだわり抜かれた蕎麦なので
食べるときも
いつもより丁寧に食べました。

丁寧に食べると満たされますね。

満腹感と、
「良いもの食べてるなぁ」っていう
満足感のあるお蕎麦でした。

 

みずほの村市場・蕎舎の室内

みずほの村市場・蕎舎の室内

お店の中の装飾もステキです。

店内は日本家屋そのもので、
少し薄暗くて雰囲気が良いです。

夜にはジャズを聴きながら
蕎麦を食べる企画、

囲炉裏を囲んだライブなど
定期的に開催しているみたい。

もう少し近所だったら
夜にも行ってみたかったです。

囲炉裏

囲炉裏

土曜日の12時台ということもあり、
けっこうお客さんが多くて
店内全体の写真は撮れませんでした。

店内は入って右手がテーブル席、
左手は靴を脱いで上がる和室になってます。

和室は襖を外して続き間にしてるかんじ。

部屋の角とかに
お花がいけてあったり、
室内にもこだわりがありました。

トイレの中にも
ほおずきや季節の花がありました。

お手洗い

お手洗い

生け花

生け花

 

でっかい水車が動いてる!

みずほの村市場・蕎舎の水車

みずほの村市場・蕎舎の水車

蕎舎の隣には、
大きな水車がギーギー音を立てて
ずーっとまわってました。

水車ってはじめてみましたが
すごい迫力です。

隙間に落っこちたら一巻の終わりのような、
そんな気持ちになりました。

この水車が何をしているのか
気になったので
店員のおばちゃんに聞いてみました。

おばちゃんいわく、

「この水車は店内で出しているお米を挽いています」

とのこと。

蕎麦ではなくお米を挽いてるのは、
蕎麦を挽くには一定の速さが必要とされ、
水車では遅いみたいです。

(蕎麦は蕎麦で、店内で挽いてるそうです)

水車、ただ回ってるだけじゃなく
活躍していました!

 

みずほの村市場外観

みずほの村市場外観

 

隣にある「みずほの村市場」は農作物直売所

蕎舎の隣にある「みずほの村市場」
農作物直売所。

 

「全国直売所甲子園2013優勝」

という垂れ幕が下がっています。

全国直売所甲子園というものが
あることを始めてこの場で知りました・・・

みずほの村市場

みずほの村市場

 

店内には、地域でとれたお野菜や
自然食品、お花がたくさんありました。

(県外の商品もいろいろあったけど)

写真中心のトロフィーは
おそらく「全国直売所甲子園」の
優勝カップかと思われます。

(中に何かいろいろモノが入ってました)

アルコールやお土産品は
全然置いてなかったので、
地元の人向けのお店なんでしょうね。

 

蕎舎で学んだ知識を漫画にしてみました

蕎舎のメニュー表には

「蕎麦の食べ方」

が書かれていました。

  • 蕎麦は5~6本くらいで食べる。
  • 薬味はつゆにはまぜないで食べる。
  • ねぎは最後の蕎麦湯の時に入れる。
  • のどごしを楽しむために噛まないですする。
  • 音を立ててすする。

 

などなど・・・

でも最後に

「ご自由にお食べください」

って書いてあったので
「こうしなさい」というわけではありません。

美味しく食べられたらそれが一番ですね。

 

【みずほの村市場・蕎舎】のアクセス

場所:茨城県つくば市柳橋496

一応最寄り駅は「つくばエクスプレス・研究学園駅」
しかし徒歩32分とめちゃくちゃ遠いので
車で行くべき場所です!

開店時間:11時~20時

定休日:不定休

ホームページ:みずほの村市場・蕎舎

-――茨城県めぐり。
-,