このサイトの目的

千葉県流山市を中心に、お店情報や
ステキなスポットのイラストコラムを
書いてます。流山市以外にも関東近郊
の情報や私が思うことなども。

アート探訪

シャガールは私に勇気をあたえてくれた。

2018/02/11

シャガール展に行ってきました。

こんにちは、
ノグチノブコです。

昨日は東京駅直結の美術館、
「東京ステーションギャラリー」
で開かれている、

「シャガール 三次元の世界」

に行って来ました。

 

私、
絵や漫画を描くことは好きですが

美術知識っていうのは
ゼロと言っていいレベル。

学校の美術の授業も
手を動かす部分以外は
記憶に一切ありません。

そのレベル感なので
シャガールっていう人のことも
一切わかってなくて、

「シャガールって言ったら空飛んでる人の絵でしょ」

程度の知識、
興味関心を向けて来なかったのです・・・

 

そんな私ですが、

ある日、シャガールの絵を
ネットで見かけました。

その絵の色のバランスが
とてもキレイだったんです。

「この人の絵を直接観てみたいな」

と思ったところ。

たまたま東京駅の美術館で
シャガール展をやってたので
さっそく観に行ったのです。

 

私が思う、シャガールの絵の良いところ。

美術論については知識極薄なので
このさい語りません。

ただ、
そんな私でも

シャガール展に行って、大変な感銘を受けて帰ってきました。

 

どんな感銘かというと、

絵を描くうえで大事なことは、技術じゃない!心だ!

 

というところ。

 

会場に入って
展示品を観ていて、

しばらくしてふと思いました。

「・・・シャガールって、下手なんじゃない?」

と。

歴史に名を残している
偉大な画家に向かって
大変失礼ではありますが、

そう思えてしまったのでごめんなさい。

油絵も彫刻も陶芸も、
なんか絶妙に下手で。

拙いというか、
直感的な違和感と言うか、

もうとにかく「下手」って
思えてしまったのです。

 

ただ、
大事なことは、

シャガールは、その下手さを特に気にしてない。

ってことです。

シャガールが作品を通して
伝えたいことは

画力や技術力ではなく

自分自身のアイデンティティー

シャガールはユダヤ人なので、

ユダヤ人らしさ、
シャガールらしさ、

自分にとって大事なものを
愛する心。愛のメッセージ。

メッセージを伝えることが大事であり、
そのための作品なんだと
伝わってきました。

 

技術より、伝えたいメッセージを伝える力。

そして、

シャガール展を観ていて、
私は自分自身が

メッセージよりも技術力を重視している

っていう発想だと
気が付きました。

そこには、

技術力が高いと目に見えて人から褒められる、
認められるから技術力を高めたい、

伝えたいことよりも褒められたい。

っていう自分がいたんです。

 

「絵が下手で辛い・・・」
「うまく漫画が描けない・・・」

とよく思ってたんですが、
悩むべきポイントはそこじゃない!

アイデンティティーや
伝えたいメッセージを見失ってることの方が
よっぽど問題なんだわ!

 

絵を描ける力は

褒められるために使うのではなく、

絵を通してメッセージを伝える力を与えられている

ために使う。

シャガール展は
絵を人のために使おう、と
思えるきっかけになりました。

スキル不足が気になる人はシャガールを観た方が良い。

シャガールは、
絵を描く人だけでなく、

「まだまだスキル不足、もっと磨かなきゃ・・・」
「出来てないから練習しないと」

とにかく技術力を高めたい!

と思ってる人にも
良いと思います。

 

技術力を高めるのも
けっこう大変ではありますが、

伝えたいことを伝えるための努力も
一朝一夕ではできないなと思います。

自分が何を大事にしているのか、

意外と忘れてしまってます。

 

シャガール展。

自分が大切にしている物事を
掴んでみたくなりました。

シャガール 三次元の世界

会期:2017年9月16日(土)-12月3日(日)

【場所】東京ステーションギャラリー(JR東京駅、丸の内北口直結)
【休館日】月曜日
【開館時間】10:00 - 18:00(金曜日は20時までやってます)
【入館料】一般1,300(1,100)円、高校・大学生1,100(900)円、中学生以下無料

-アート探訪
-